2019年02月21日

スラムダンクを越えるバクダットカフェ漫画は二度と出てこない

無題.png

アーニーグレゴリーのブラッディークロスじゃないですか

はじめの一歩からパクっちゃ駄目だよー矢吹丈もどうせ体ごとのカウンターで倒すんだろうなー


ということでね・。・

腰も大分楽になってきた
人間やっぱり健康第一だねー

健康第一で思い出したがインフルエンザ疑惑でエヴォジャパン行ったやつはどうなったんだろうか

ツイ消ししまくってから知らんのだがどこに向けてか分からん謝罪ツイートしてからそれっきりなんだろうなー学生さんかと思ったら39歳とかなんだってね
バイオテロ怖いわ

学生さんで思い出したけどTwitterでプロゲーマーになったっとフカシた中学生がなんと三重県民らしいじゃないですか

まだ若いからなんとでもなるし嘘つく学生さんなんかありふれてるし若いうちに痛い目見といたらこれからネットで炎上する事もないだろうしで中学生で良かったねーやらかしてもゲーム出来るよこれからも

っとそんな事はどうでもいいんだがフカシ中学生はどこの地域の子なんだろうか

俺の予想では・・・・・・・リアルゾゾと言われる魔の地域、鈴鹿・・・

まさか桑名市民じゃあねーよなー


水曜日は早起きして陸運局へ
2月3月の陸運局は凄まじいと言うのをパキスタン社長に聞いたり、陸運局のポップにも書いてあったりとヤバそうなので受付開始の8時45分に着いたらガラガラだった

やっぱ陸運局は朝一ですよ
昼から行ってそのまま松チャオ行っても眠くなるし

直帰しようと思ったがパキスタン社長から連絡が来てドバイにビザの書類に使う住民票送ってほしいって言われて事務所へ

最初の方に事務業を教えてくれたおばちゃんが来てた

またまたTwitterなんですけど今はパキスタン鉄拳勢の話題で持ち切りなんですけどパキスタン社長に鉄拳の事訊いたら「シラナイネ」って言われた

日本で開かれたすっごい大きいゲームのトーナメントでいきなり来たパキスタン人がチャンピオンになった
いつもは日本とかコリアンが優勝してるけどパキスタンのラホーンにはチャンピオンの人より強い人がいっぱい居るんだってーだから今世界中のゲーマーがパキスタンに注目してる

っつったら別に嬉しそうにしてるわけでもなく普通に聞き流された

「Twitterで話題のヤバそうな地域が色分けされた画像」みせたら
事務業助けてくれたおばちゃんがパキスタン行った時は別に危なそうな街並みじゃなかったしさっきのラホーンは結構都会的だったよー
って言ってた

パキスタン社長も「街は大丈夫だけど山に居る人達は基本的に危ないのと(画像指さして)このアフガニスタンの近い所も凄く危ない」っつってた
赤い所はやばいけどオレンジの所は大丈夫って言ってたね
多分、山と国境沿いに近づかなけりゃ普通の国だよ


「パキスタンに入国履歴があるとアメリカに入国出来ない」っつーのも事務業助けてくれたおばちゃんはそんな事無かったって言ってたし、パキスタン社長もアメリカ行った事あるっつってたしでTwitterの情報も真意がわかんねーな

事務業助けてくれたおばちゃんも凄い有能っぽくてよく電話かかってきてるんだが英語やどこの国か分からん言葉でペラペラ喋ってるし外人は金払いが良いから事務業の代行を色んな所でやってるんだと

外国の言葉は仕事してたら勝手に覚えてったらしい

海外旅行もよく行くっつってたなーパキスタン社長もドバイに招待してあげた事があるっつってたしそういうパイプで色んな所に行ってるんだろうな


パキスタン社長は日本の永住権持ってるしそういうのあったら海外行きやすくなるんかな

一応・・・多分パキスタン社長も俺のこと買ってくれてるっぽいし「ドバイ連れてってあげる」って言ってくれた事あるしでパキスタンに鉄拳しに行くのは余裕でできそうなんだよなー
っつってもまぁ俺は世界と戦う気もないしパキスタン社長に「マイホームが好きすぎる。ホームシックになっちゃうからクワナから出ていくのは苦手」って言っちまったし


パキスタンあぶねーのかなー会社のパキスタン社員達はみんな物腰柔らかで優しいしパキスタン社長のお友達も事務所によく来るけど怖そうな人とか居ねーしなー

前も河川敷でみんなでクリケットやったっつってたし
これは関係ねーかw

クリケットなんか今の会社入るまで知らなかったけどパキスタンじゃあ死ぬほど人気なスポーツなんだと
パキスタン社長もクリケット大好きっつってた

俺がガチの鉄拳勢ならパキスタン社長にパキスタンツアー計画してもらったんだろうなー

おわり

 
posted by じょい at 00:53| Comment(0) | ジョイソル書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: